バイクを高く売るための価格交渉のやり方

これを知っておくだけでバイクの買取額がアップする可能性があります。

バイクを高く売るコツは、こちら

バイクを高く売るための価格交渉のやり方

 

 

バイク買取業者に売る時に
一番重要なのが査定後の価格交渉です

 

 

ここは、買取価格のほとんどが決まってしまう
一番重要な部分と言っても過言では、ありません。

 

 

ここを間違うとひどい時では、数十万円も
バイクを安く買い取られてしまうことがあります。

 

 

交渉時に重要なのは、
交渉の主導権を握ってしまうということです

 

 

バイクを安く買い叩かれる人は、
査定士の巧みな交渉術に主導権を握られてしまい、
気がついたら安い価格で買い取られてしまうパターンがほとんどです。

 

 

交渉の主導権を握るために一番重要なことは、
バイクの相場を知ってから
バイク買取業者を呼ぶことです。

 

 

ここさえ抑えておけば、
安く買い叩かれることは、ありません。

 

 

査定士の人が
「バイクの年式が古い」
「走行距離が多い」
「傷や錆がいっぱいある」
からこのくらいの価格ですと言われても

 

 

「相場からかなりかけ離れているから安く買い叩こうとしているな」

 

 

「断ってもまだまだ買取価格は、アップしていくな」

 

 

ということがわかります。

 

 

バイクの相場の調べ方は、
バイク買取相場」というサイトでも見ることが出来ます。

 

 

次に買取の店舗に持っていかず、
無料出張買取を依頼しましょう。

 

 

無料出張買取の場合、
バイク買取業者は、家まで来てくれます。

 

 

つまり、
ガソリン代などの経費がかかっています。

 

 

業者側としては、
バイクを売ってもらわないとマイナスになるので
必死に買い取ろうとしてきます。

 

 

ですから売る側としては、
バイクを売らないというカードを
チラつかせて価格をアップさせるということができるのです。

 

 

もう一つ重要なポイントとして
安易に買取希望額を言わないということがあります。

 

 

よく断り続けると業者の人が

 

 

「では、何円なら売ってもらえますか?」

 

 

と言ってきます。

 

 

その時に「これくらいならいいかな?」
と妥協した金額を言ってしまうと

 

 

「じゃあ、それで買います」

 

 

とそこで価格が頭打ちになり、
価格交渉が終了してしまいます。

 

 

「もっと上げられたかもしれないのに。。。」

 

 

と後で後悔することになります。

 

 

買取店の人に「いくらなら売ってもらえますか?」と聞かれたら
これくらいなら売ってもいいと思っている金額より
少し高めの金額を言うのがポイントです。

 

 

そして、その金額を交渉のベース価格にしましょう。
そうすればこちらが妥協するかたちで
バイクの相場に近い金額で売ることができます。

 

 

自分のバイクの相場がわからない場合は、
現在の中古車価格を見てみましょう。
特に人気がない年式が古いバイクや
中古車販売価格が低いバイクであれば
3割くらいが買取価格です。

 

 

人気のバイクや中古車販売価格が高いバイクであれば
買取業者もすぐさばけるので
5割から7割くらいで売れる可能性があります。

 

 

その辺を考慮して価格交渉をしてみましょう。


バイクを高く売るためには、ちょっとしたコツがあります。それを知るだけで買取額が大きく変わってくることがあるので下記を読んでみてください。

バイクを高く売るコツ