バイクの処分の方法

これを知っておくだけでバイクの買取額がアップする可能性があります。

バイクを高く売るコツは、こちら

バイクの処分の方法

 

 

今、バイクに乗っていてもいつか乗らなくなることがあります。買い替え、故障、引越し、事故など人によって様々な理由がありますがその時が来るとバイクを処分しなければいけません。売却、譲渡、廃車などいくつか方法がありますがそれぞれの特徴を詳しく説明していきます。

 

 

バイクショップに持ち込む

 

家の近くのバイクショップに持ち込んで買取を依頼する方法があります。販売店側も持ち込んでもらえるとうれしいですし、バイクの査定から書類の手続きまで確実にやってくれます。特徴としては、バイク買取の専門業者と違って出張査定をやってないところも多いです。また買い取ったバイクを販売店で売ることが多いのでそのバイクショップの得意なメーカーや車種なら積極的に買い取ってくれますが年式が古く、特に人気がないバイクであれば、売れにくいバイクのスペースを取ることになるので査定額も安くなります。

 

 

バイク買取業者を呼ぶ

 

こちらは、バイクの買取専門なので査定から買い取った後の手続きまでとてもスムーズに行えます。大手ですと無料査定の出張エリアがとても広いので依頼すれば大体来てもらえます。エンジンがかからなかったり、車検や保険がきれている時に出張査定は、とても便利です。、出張査定ですが断っても無料ですし、気軽に呼べるのがとても良い点です。売る時も何社か家に呼んで査定額を比較して売ることが出来るので売る方も楽ですし、結果高く売れることになります。

 

 

個人売買で売る

 

友達に売ったり、ヤフオクなどのオークションで売る方法です。バイク買取業者のようなきちんとした査定をしてもらうことがないのでバイクの売値が曖昧ですが中間マージンを省いて直接売ることができるので高く売れることがあります。ただし、手続きなどを全て自分でやることになりますし、売った後にバイクにトラブルがあった場合なども全て自分で対応しなければいけません。オークションの場合、落札後にバイクの配送もあるので安いバイクの場合、配送料やオークションの手数料がバイクの価格を上げてしまい、売れないこともあります。

 

 

敷居が高く、労力も使いますがその分高く売れる可能性があるということです。個人売買に向いてるバイクは、希少車やカスタムされたバイクです。基本的には、バイク買取業者に売っても余り評価されにくいバイクは、個人売買に向いています。注意点としては、相手にバイクを渡す前に廃車手続きを済ませておくことです。自分の名義のままでバイクを渡すとトラブルの元になるのでそこだけは、気をつけましょう。

 

 

廃車にしてスクラップにする

 

これは、バイクを放置していて不動車になった時や事故をしてボロボロになった時に頭によぎる方法です。しかし、この方法は、オススメできません。自分で廃車手続きをしてスクラップ工場を探してそこまでバイクを運んで、引取手数料を払ってスクラップにするというのは、大変です。バイク買取業者に頼めば家まで出張査定に来てくれます。状態がひどい時は、引取手数料を請求されることがありますがスクラップ工場に持っていくのと変わりません。ですから手間がかからない分、バイク買取業者に頼んだ方が良いのです。

 

 

またバイクの不動車や事故で破損したバイクであっても排気量が大きいバイクは、査定額がつくことが多いです。さすが50ccで事故車や不動車の場合、価格がつくのは、厳しいですが250cc以上のバイクなら引取手数料がかかるのではなく、買い取ってもらえるケースが多いです。まずは、無料出張買取を使って査定だけは、してもらいましょう。

バイクを高く売るためには、ちょっとしたコツがあります。それを知るだけで買取額が大きく変わってくることがあるので下記を読んでみてください。

バイクを高く売るコツ