バイク買取の前に小さな傷は消しておいた方がいい?

これを知っておくだけでバイクの買取額がアップする可能性があります。

バイクを高く売るコツは、こちら

バイク買取の前に傷は消した方が良い?

 

 

 

それなりに乗ったバイクというのは、
よくみるといっぱい傷がついています。

 

 

バイクを売る時に傷があれば、
当然マイナス査定されます。

 

 

では、売る前に傷を消してから売ったほうが高く売れるのでしょうか?

 

 

答えは、そのままで売ったほうがいいです。

 

 

なぜなら、傷を直す費用の方が
傷が消えたことによるアップする査定額より
高くつくからです。

 

 

バイク買取店にとって、
そのような傷は、自分たちで直せるので
査定額も原価分だけしか引かれません。
ですからそのまま査定に出しましょう。

 

 

また、自分で手を加えて
傷を隠そうとする人がいますが
相手はプロですので、当然、隠してもわかります。
よってそのままの状態で査定してもらった方がいいです。

 

 

素人が隠そうとして手を加えると
逆に傷が目立ったりして
査定額を下げてしまうことになりかねません。
手を加えずにそのまま売りましょう。

 

 

バイクを売らずに長く乗る場合

 

長く乗る場合は、修理をしても良いですが
ここからは、いくらお金をかけるかということになります。

 

 

傷ついた全部交換すれば
新品のようになりますがそれだけ費用がかかります。
板金塗装に相談してみるのも一つの手ですが
部分的に塗装をすると近くで良く見ればわかるかもしれません。
全塗装すればわかりませんが高くつきます。

 

 

ただし、1回高いお金を払って修理すると
その後、慎重に乗るようになるので
安全面やその後の修理代を考えると
思い切って綺麗にするのもありかもしれません。

 

 

お金をかけたくない人にとって
一番お手軽なのは、
純正デカールやステッカーを貼っておくことです。
1000円くらいで買えますし、
また同じ場所が傷つくこともあると思えば
直接のダメージは、防げるので
それが一番お手軽です。

 

 

 

マフラーの傷の場合は、
耐熱のシールや耐熱塗料が
傷を目立たなくする安価な対策です。

 

 

 

浅い傷の場合で自分で傷を消したい人は、
まず、水で傷の部分を濡らしてみましょう。

 

 

水で濡らして見えなくなるくらいの傷なら
超微粒子コンパウンドで磨けば消えます。

 

 

また素人が目の粗いコンパウンドを使うと
取り返しの付かないことになるケースがあるので
注意しましょう。

バイクを高く売るためには、ちょっとしたコツがあります。それを知るだけで買取額が大きく変わってくることがあるので下記を読んでみてください。

バイクを高く売るコツ